キャッシュヘッダの違いについて

真実暴露はいつも恐怖との隣合わせで
マレにDDoSと思われるログが残ります。

その為、cloudflareのリバースproxyの範囲
を広げ、本来セットしなくてもいい範囲
広げてキャッシュをかけているケース
があります。

通常時は平常
異常時は緊急
とすると、緊急後から正常に戻った場合
キャッシュを平常運用に戻さなくてはいけない為、
本来セットしなくてもいい範囲も含めてまとめて
キャッシュ破棄(キャッシュパージ)をします。

そして、破棄し忘れたりします…
(ブログ主の問題)

平常と緊急では、ヘッダ内容も違うので
長くみると4種類くらいのパラメータ見れる
と思います。

なお、リバースproxyのキャッシュは1ヵ月
(閲覧者から見ると、ここをブラウザは見に行く)
ブラウザへのキャッシュは1年に設定しています。
なので、1ヵ月毎にリバースproxyのオートパージ
ブラウザは1年とする事で凶悪にキャッシュをかけて
います。


0 件のコメント:

コメントを投稿